住宅ローンの種類と選び方

住宅ローンの種類は賢く選ぼう!

「住宅ローンは金利が低いものを選べばOK!」…なんて思っていませんか?住宅ローンにはいろんな種類があって、金利にもタイプがあります。

賢く住宅ローンを組めるようになるための、住宅ローンの種類や銀行の選び方をまとめてみました。

住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンの金利設定は、変動型、固定期間選択型、全期間固定型の3つのタイプがあります。これらの特徴を表にまとめてみました。

名前 特徴 メリット デメリット
変動型 民間金融機関で多く採用されるタイプ。初めは金利が低いが、5年ごとに金利が見直されるため、後に金利が上がるリスクがある。

・当初金利が低い
・今のところ金利大幅上昇のリスクは小さい

・5年に1度、金利が上がる可能性がある
・金利が上がると、返済金額は最高で前の期の1.25倍 
固定期間選択型 金利が固定される期間の長さを選ぶことができるタイプのローン。期間終了後は、再び金利を固定する期間を選ぶことができる。変動型と比較すると金利は高くなる。 ・固定期間が終わった後、その時の金利を見て次の固定期間を選ぶことができる
・固定期間を選ぶ際に、変動型へと移行することも可能
・最初期の金利が変動型より高い
・最初期は大幅金利引き下げがあるが、その後は金利が上がる
全期間固定型 ローン返済中は、ずっと金利が固定されているタイプ。変動型、固定期間選択型と比べると最初の金利はもっとも高いが、金利上昇のリスクはない。 ・金利が一定で月々の返済額が変わらないので、マネープランが立てやすい
・金利が上昇しても、返済額が増えるリスクを回避できる
・金利は3つのタイプの中でもっとも高い
・法定金利が下がっても返済額が減らない 

はじめの金利は変動型、固定期間選択型、全期間固定型の順に小さくなりますが、そのぶん金利上昇のリスクは大きくなります。変動型と全期間固定型では金利にかなり差があるので、どちらを取るかは不動産屋や金融機関とよく相談することをオススメします!

ちなみに、それぞれのタイプをミックスすることもできます。全額を変動型にするとリスクが大きいので、例えば半分を固定期間選択型、もう半分を変動型にすれば、金利が上昇し続けるような事態になっても半分は返済額の上昇を抑えながら返済を続けることができます。

住宅ローンの種類

金融機関によって、組める住宅ローンの種類も変わります。自分の返済プランや、希望する金利に合った住宅ローンを提供している金融機関を選ぶといいと思います。

住宅ローンの種類についても表にまとめてみました。

名前 特徴 メリット デメリット
フラット35 住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して提供するもの。全期間固定型の35年ローンで、金利や手数料は窓口となる金融機関によって違う。 ・比較的審査が通りやすく、信用度の低い方でも借りやすい
・返済額が小さくなるダブルフラットや、金利の低いフラット35Sも登場
・いま金利が低くても、引き渡し時に金利が上がっていると、上昇後の金利が適用される
・比較的金利は高い
民間ローン 民間金融機関が提携する住宅ローンは、変動型や全期間固定型が多い。金利はもちろん、手数料や借りた後のサービスも各金融機関で異なる。 ・店頭金利よりも実際の金利を下げるサービスがある
・上手に選べば、金利以外でもサービスの充実した住宅ローンが利用できる
・いま金利が低くても、引き渡し時に金利が上がっていると、上昇後の金利が適用される
・フラット35よりは審査が厳しい
提携ローン 不動産会社と金融機関の提携によるローン。不動産会社が窓口になるので審査が通りやすく、また物件価格の100%を住宅ローンでまかなえることも。大型新築マンションなどで提供されることが多い。 ・金利の引き下げ幅が大きいことがある
・頭金が少なくても家を購入しやすい
・利用できる物件は限られる
・物件価格の100%をローンでまかなってしまったりすると、利子分が大きく、総支払額が高額になる 

このように、金融機関の種類によってさまざまな種類の住宅ローンが提供されています。それぞれの種類の中でも、金融機関によって金利やサービスが変わってきます。いくつかの金融機関に審査を依頼して、条件の良いものを選ぶのがオススメの方法です。

伊勢崎市・太田市の不動産屋&タウンガイド