持ち家で問題になる相続のこと

憧れのマイホームを手に入れて月日が経つと、相続という別の問題が立ちはだかります。

持ち家を含む不動産は、他の財産と違って相続トラブルが起こりやすいのです。

本記事では、持ち家にまつわる相続トラブル例と解決方法をご紹介します。

トラブル例1.分割方法で揉める

家を物理的に真っ二つにするわけにはいきません。不動産は現金などと違って分割しにくい財産であるため、どのように分割するかで揉めてしまうのです。

不動産の分割方法は4つあります。

  • 現物分割
  • 財産をそのままの形で相続することを重視した相続形式です。 例えば土地を相続人それぞれの持分に応じて分筆する方法があります。 土地は分筆して分割できますが、家は基本的に分筆できないため、家の相続ではトラブルが発生しやすくなります。 また、相続財産が不動産と現金であったときに、不動産はAさんが相続し、現金はBさんが相続するという方法も現物分割です。

  • 換価分割
  • 相続財産を売却して現金化し、その現金を相続分に応じて分ける形式です。相続した家は手放すことになります。

  • 代償分割
  • 1人が全ての財産を相続し、その相続人が他の相続人に現金で支払う形式です。 例えば価値3,000万円の家を故人の子3人が相続する場合、1人が家を相続して他の2人に1,000万円ずつ現金を渡します。こうすれば全員1,000万円相当の財産を相続したことになります。 相続した家は引き続き使用できますが、相続する人に多額の現金がなければ代償分割ができません。

  • 共有分割
  • 相続した物を相続人同士で共有するものです。 家を複数人で相続する場合、それぞれの相続分に応じて持分を登記し、各人の持分の範囲でその家を使用できるように共有します。 しかし複数人で1つのものを共有するとトラブルになりやすく、売却なども難しくなってしまいます。

トラブル回避策:遺言で指定

予め遺言で分割方法を指定することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

トラブル例2.相続税が高すぎる

相続税は基本的に現金で納付する必要があります。あまりに相続税が高いと、手元に現金がなくて税金を支払えない場合があります。 そういった場合は家を売却して現金化する必要も出てきます。

不動産そのものを納付する「物納」という方法もありますが、家を手放すことに変わりありません。 相続後も家に住み続けたい場合は、借金してでも現金を用意し、相続税を払う必要があるのです。

トラブル回避策1:小規模住宅地等の特例を利用できる家にする

『小規模住宅地等の特例』と言う制度を使えば、不動産の評価額を最大で80%減らすことができます。 80%の評価額減を受けられれば大きな節税となるので、ぜひ利用してください。

この特例を受けるには、相続する住居の敷地面積が330平米であるなどの条件があります。 このため、持ち家を手に入れる場合は敷地面積が330平米以下となるように調節しておくといいでしょう。

トラブル回避策2:税理士に相談しておく

税金のトラブルといえば税理士です。相続が起きる前に予め相談しておくと、最も効率的な節税方法を提案してくれます。

可能であれば、持ち家を手に入れる前から相談しておいた方が良いでしょう。

トラブル例3.誰も持ち家を相続したがらない

せっかく持ち家を手に入れたのに、子供たちが独立してしまったせいで持ち家を欲しがらないことが考えられます。家が僻地にあったり築年数が経ちすぎたりして、売ることも貸すことも取り壊して新築の家を建てることも難しい場合に発生しがちです。

子供たちの間では、「どのように遺産を分割して相続するか」ではなく「どうやったら相続しなくて済むか」という、ある種のなすりあいのような状態になります。 家を相続すると毎年固定資産税が発生するため、これを嫌って相続したがらない人もいるようです。

トラブル回避策:相続放棄も視野に入れる

相続される親の方としては寂しいかもしれませんが、相続したくないものを無理に相続させるのは子供にとって酷な場合があります。 そういったときには相続放棄ができることを伝えておくと良いかもしれません。

ただし、相続放棄をすると一切の財産を相続できなくなることと、相続放棄は撤回できないことに注意しておいてください。

究極のトラブル回避策:家を処分する

持ち家の相続でトラブルが発生するのであれば、いっそのこと持ち家を相続させないという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

近年は老後に持ち家を処分してマンションに移り住む高齢者も増えています。多くは広い家の維持管理が体力的にきつくなったことが原因であり、相続トラブル対策のためではありませんが、図らずも相続トラブルの根本を断つ方法になっていることがあります。

『リバースモーゲージ』という選択

リバースモーゲージとは、自宅の土地や建物を担保として金融機関からお金を借りる仕組みです。一括で借りるケースと年金のように毎月借りるケースがあります。

最大の特徴は返済方法です。リバースモーゲージは生きている期間中には基本的に返済義務がなく、死後に担保不動産を売却してその代金で返済を行います。 老後資金の捻出方法として、子供のいない夫婦などが利用するケースが増えています。

ただし、リバースモーゲージの利用には法定相続人全員の同意が必要で、いざ相続が発生したときには相続人に相続税(または所得税)が発生するなどの問題もあります。 しかし、相続開始と同時にほぼ売却が決まっているため、相続人同士の争いが少なくなります。また、売却額が借入額を上回った場合は相続人に分配されます。

あくまで選択肢の1つではありますが、検討してみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

持ち家を相続する際のトラブルによって、親子関係、兄弟姉妹関係、親戚関係などがガラッと悪化してしまうことがあります。

相続によって人脈という財産を失うのは、人生において大きな痛手です。

相続をさせる側の対策として、トラブルが起こらないように遺言を作ったり、専門家に相談したりすることが大切です。

伊勢崎市・太田市の不動産屋&タウンガイド