家を建てるメリット・デメリット

マイホームの購入を決めると、大きく夢が膨らみますよね。ですが、家を建てる場合にはメリットだけでなく、デメリットについて押さえておくことも大切です。

メリットばかりを検討してしまうと、悪いところが見えなくなってしまうので注意しておきましょう。ここでは家を建てるメリットとデメリットについてご紹介します。

家を建てる際に押さえておきたいメリット・デメリット

自分で家を建てて暮らす場合と賃貸住宅で暮らす場合を比較し、メリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

特に大きなメリットとして挙げられるのが、自分で所有する家が手に入るということ。賃貸住宅の場合、大家さんや不動産会社の都合でトラブルが発展する恐れがあります。例えば、大家さんの都合で賃貸物件を取り壊すことになり、立ち退きを強要されてしまったなど。

それに、大家さんがいる場合その家の所有者はあくまで大家さんなので、変わった大家さんが相手だったりすると、気を使わなければならないかもしれません。

また、賃貸住宅はあくまで借りている状態なので好き勝手にリフォームできませんよね。物件によっては壁に小さな画鋲の穴を開けるのもNGとしているところもあるため、暮らしやすいとはいえない環境で過ごしている方も多いです。

マイホームを持っていれば子どもの成長や家族の状況に合わせて好きにリフォームできます。その都度、暮らしやすい環境を求めている方にとっては大きなメリットになるでしょう。

それから、住宅ローンの返済が終わった際には自分の資産になるのも大きなメリットです。賃貸住宅の場合、何十年家賃を支払ったとしても最終的にその家は自分のものにはなりませんよね。

住宅という資産を持っている場合、社会的な信用も高くなるので、まとまったお金を借りたいと思った際などにも有利に働きます。

デメリット

家を購入するとなれば大きなお金が必要になります。一般的に現金でまとめて支払える方は少ないので長年のローンを組む形になるでしょう。

家を建てた当初は問題なく返済ができていたとしても、人生何があるかはわかりません。突然リストラをされてしまい収入がなくなった場合、せっかく手に入れたマイホームを手放さなければならない可能性も出てくるでしょう。

また、メリットの項目で家族の状況が変化した際にリフォームしやすいとご紹介しましたが、リフォームするにしてもお金が必要です。賃貸住宅の場合、子どもが生まれて家族が増えた場合には気軽に住み替えができますが、マイホームを購入した場合にはそういった方法は選択できなくなるでしょう。

リフォーム費用が用意できなかった場合、住みにくさを感じながらも住み替えができず、ストレスを溜め込んでしまうこともあるかもしれません。

それから、家は長年住んでいる間に何かと傷んでくるものです。マイホームの場合、リフォームや修繕を行う際の費用はすべて自己負担になります。これに対し、賃貸物件の場合は共益費などで積み立てを行っている場合もあるため、手元からお金を出すことなく快適な状態に修繕できる可能性も高いです。

家を建てるメリットとデメリット、どちらが大きい?

それぞれメリットとデメリットがありますが、賃貸の場合は毎月家賃を支払っても自分の資産にならないことを考えると、家を建てて大きな資産を得るメリットは非常に大きいといえるでしょう。

自分にとってメリットとデメリットのどちらが大きくなるのか、よく比較、検討してみてくださいね。

伊勢崎市・太田市の不動産屋&タウンガイド