伊勢崎市・太田市の不動産ガイド » 初めて家を買う人のための基礎情報 » 住宅を建てる際に大事な土地選びのポイント

住宅を建てる際に大事な土地選びのポイント

ある意味住宅より大切なのが「土地」です。

土地の上に建てる住宅は、規模や間取りなどを全く同じように作ることも可能です。

一方、同じ土地は存在しません。隣り合った土地であっても、場所が違えば別の土地なのです。

隣接した土地の片方だけ角地という例はよく見られますし、ビルの影が片方の土地にだけ差して日照がまるで違うということも考えられます。

究極の一点物である土地を選ぶときには、何に気をつければいいのでしょう?

災害時の安全性

 竜巻

まずは土地の環境面を考えていきます。

災害は命に直結します。災害が多い日本にいる以上、できるだけ災害の可能性が少ないところに住居を構えたいと思うのは自然な心理でしょう。

群馬県は比較的災害の少ない県です。海がないため津波は起こり得ず、地震の被害も少ないのが現状です。

伊勢崎市や太田市に住む際に、注意すべきは水害です。過去には台風や大雨による水害で多くの人が亡くなっています。

入手を検討中の土地に災害の危険性があるか、それはどの程度の危険性なのかは、自治体が公開しているハザードマップを見ればわかります。

群馬県は県全体の洪水ハザードマップを公開していますし、伊勢崎市では伊勢崎市に特化した洪水ハザードマップをホームページ上で公開しています。

また、太田市は防災マップと地震防災マップを個別に公開しています。太田市には太田断層が存在しているため、地震に特化したマップを公開しているのです。

地震防災マップを見れば、その土地の揺れやすさや揺れが建物に与える影響を知ることができます。

これらのマップを参考にして、少しでも災害の危険性が少ない土地を選んでください。

また、こういったマップを見れば災害時に避難すべき施設の位置もわかります。そういった施設に近い土地を選ぶのも、1つの選択肢となります。

地盤の強さ

斜面に盛り土をした土地などは、大雨のときに地盤が緩んで部分的に崩れる可能性があります。

また、池や川などを埋め立てて作った土地の場合も大雨または地震などで被害が発生するおそれがあります。

幸いにも太田市や伊勢崎市にこういった土地は少ないのですが、念のためその土地の過去の状態を調べておくと安心です。

地元に詳しい業者に尋ねれば詳しく教えてもらえますし、図書館やネットで郷土史などを調べてもいいでしょう。

周辺の治安状態

土地選びの際に治安のことを見落とす人は、案外多いようです。

治安が悪いエリアでは防犯にコストを割かなければなりませんし、子供の教育にも不安があります。

群馬県は年々犯罪発生率が下がっているため、治安は改善傾向にあるとされています。

しかしながら市町村別に見た場合、群馬県内における犯罪発生率のワースト2位と3位は太田市と伊勢崎市です。

両者の犯罪発生はほぼ拮抗しており、この2市はどちらとも、少なくとも群馬県においては治安が悪いエリアと言えます。

ちなみにワースト1位は大泉町ですが、この地区には外国人が多いため、それに関連したトラブルが多いとされています。

住民トラブルの有無

 口論

治安とは別の意味で表面化しづらいのが住民トラブルです。

近所にゴミ屋敷があったり、大音量で音楽を流す人がいたり、犬や猫を何十匹も飼っていたりする人がいる近隣の土地は、思わぬトラブルに巻き込まれるため避けた方がいいでしょう。

また、住民トラブルとは住民同士のトラブルだけではありません。悪臭や騒音を出す法人の施設がある場合も、生活環境に悪影響が発生します。

これらの情報を得るには、やはり地元に詳しい不動産業者に質問するのが手っ取り早いです。

しかし不動産業者が知らない可能性もあるので、物件購入前に自分で近所を見回って確認してください。

日照

近隣に大きな建物がある場合、または近隣の建物が近い場合は、建物のせいで日照が妨げられる可能性があります。

太田市や伊勢崎市は夏場に高温となるので、日当たりが良すぎるのも問題になるかもしれませんが、一般的には日当たりのいい物件が好まれます。

自分が望む日照を得られそうかどうか、土地を手に入れる前に確認してください。

交通の利便性

ここからは生活するうえでの利便性にスポットを当てていきます。

鉄道について見てみると、伊勢崎市には伊勢崎駅があります。JR両毛線と東武伊勢崎線の2つが通る重要な駅です。

一方の太田市には、東武鉄道の太田駅から各方面に鉄道が伸びています。

両駅とも交通の要所なので、日常的に鉄道で移動する人は、これらの駅へのアクセスがしやすいかどうかが土地選びのポイントになります。

また、群馬県全体の傾向として、自動車をメインの交通手段としている人が多い点が挙げられます。

特に太田市は自動車メーカーSUBARUの企業城下町として栄えてきた経緯があり、SUBARUの自動車に乗っている人もよく見かけます。伊勢崎市も、郊外に工場がある関東有数の工業地区です。

朝と夕方には、こういった企業や工場へ向かう人たちの車で通勤ラッシュが発生します。この通勤ラッシュに巻き込まれる位置に土地があると、思い通りに外出できないため、日々の生活に悪影響がでる可能性があります。通勤ラッシュも考慮して土地を選ぶといいでしょう。

なお、ラッシュや交通騒音を避けてあまりに奥まった土地を選ぶと、別の問題が生じるおそれがあります。立地によっては細くてクネクネした道を毎日通ることになり、その道の視界が悪ければ交通事故に巻き込まれる危険性があるからです。

自分のライフスタイルに応じた交通手段を利用できるベストな土地を見つけてください。

医療機関の有無

近くに医療機関があれば、怪我や病気のときに安心です。

具合が悪いときは自動車の運転すら困難となるので、歩いてアクセスしやすい場所に医療機関があればさらに安心感が増すでしょう。

大きな病院が近くにある場合、救急車の音が気になるという人もいます。

しかし救急車が来るということは、その病院は患者を受け入れているということです。救急車に乗せられたものの、病院に空きがなくてたらい回しにされるという危険性が少ないという証左になります。

そもそもたくさんの人が巻き込まれる大事故でもない限り、救急車がひっきりなしに家の側を通るというケースはそう多くありませんので、安心してください。

スーパーなど商業施設へのアクセス

日々の食料品が手に入れられるかどうかは大切です。特に、安いスーパーが近くにある場合はそれだけである程度エンゲル係数を抑えることができます。

伊勢崎市や太田市の場合、大きなスーパーに車で通う人が比較的多く見られます。

このためスーパーへのアクセスを軽視する人が多いのですが、やはり近くに安いお店があるというのは魅力的です。

体調を崩したときのことを考えると、ドラッグストアへのアクセスも確認しておいた方がいいでしょう。

特に小さい子供や高齢者がいる家庭では薬を多く使う傾向があるので、薬を入手できるお店が近場にあるかどうかをチェックしてください。

学校や職場へのアクセス

毎日通う学校や職場に行きやすいかどうかは大切です。

学校は成長に応じて通う先が変わりますし、職場も変更の可能性がありますが、考えておくに越したことはありません。

まとめ

100%望みどおりの土地を見つけられる人は、それほど多くありません。

大抵の人は自分の生活や収入を基に優先順位を決めて、できるだけ希望に近い土地を購入しています。

冒頭で述べたように、完璧に同じ土地は存在しません。

譲れない部分と妥協できる部分をある程度決めておいて、「これだ!」と思える土地にめぐり逢えたら早めに購入を検討してください。

伊勢崎市・太田市の不動産屋&タウンガイド